iPhoneの電源がつかない時の対処法

今朝、出かける前に
iPhoneをカバンに入れたら、
「ヴィーーーーーーーーーー・・・」
って、ブルブル震え出したんです。

出かけるときは
常にマナーモードにしているので

「ん?電話かな?」

と思って、画面を見てみると、
真っ暗で何も写ってない・・・

「故障かな??」

と思って、電源ボタンを押してみても
反応なし・・・

こんなことを考えてる間にも、
ずっと
「ヴィーーーーーーーーーー・・・」
と、振動してるんです。

何をやっても電源がつかないので

「うーん、どうしよう・・・」

と考えた瞬間に思いついたのが、
Google検索です。

そこでGoogleの検索バーに
「iPhone 電源」と入力してみると

こんな感じに
色々なキーワードの組み合わせで
検索候補が出てきました。

その中から
iPhoneの電源復旧の対処法が載ってるサイトが
見つかりそうな(上記画像の赤枠内の)キーワードで
検索してみると・・・

※上記画像の赤で囲んであるもの

色々なサイトが出てきたので、
それぞれのサイトに載っている解決法を
まとめてみました。

【iPhoneの電源復旧対処法】

・スリープボタンを押し続ける

・10分間充電して電源が入らないかチェック

・充電器に接続したままリセット

・マナーモードスイッチを切り替えて、バイブになるかどうか確認

・スリープボタンとホームボタンを10秒以上長押しする

・PCに接続してiTunesで復元する

結局、全部試しても
解決しなかったんですけど^^;

でも冷静になって、よく考えてみると

これってインターネットユーザーさんに
ありがちなフローですよね?

■悩みが発生する

■悩みを解決する方法をYahooやGoogleで探す

■サイトを参考に行動する

こんな感じで
ユーザーさんにとって悩みを解決できるサイトこそが
GoogleやYahooにとって

価値のあるサイトとみられるんですね。

なので、これを意識して、
アフィリエイトサイトを作ることが出来れば

パンダアップデートやペンギンアップデートのような
検索アルゴリズムの変化に恐れることなく
安定して検索上位に表示させることができる。

つまり、安定して
収益を上げることが出来るようになります^^

こんな風に
たまにビジネス以外で
インターネットを利用した時には

お客さん目線で物事を考えてみると
いろいろな発見があって面白いと思います♪

P.S.

ちなみに原因不明ながら
iPhoneの振動は数十分で収まって、

約5時間後には
電源もつくようになりました^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:01.初心者入門講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ