レッドターンブルーを公開して怒られた理由

私の携帯アフィリの師匠が
他の携帯系トップアフィリエイターさんに
怒られてる動画って見ました?

ちょっと下にスクロールして
「7つの動画と予告」TURN4の
スキップボタンをクリックすれば動画見れます^^;

レッドターンブルーの販売ページで怒られるマーケッターKENさん

その理由と経緯を事前に聞いてたんですけど、
「怒られても仕方ないかな・・・^^;」
という感じですね。

だっていままで
携帯トップアフィリエイター達だけが
抱えてた稼げる情報を公開ちゃった
んですからね。

この怒られてる動画を見れば
推薦文がない理由がよくわかるし、
手に入れて中身を確認すれば
この情報だけで十分稼げることは理解できます。

ただ頭で考えると言うよりは
実直に作業すれば稼げる教材なので
「超めんどくさがり屋の方」にはオススメできません。

私からの特典、
■作業を超効率化させるための具体的外注方法レポート
があれば完全外注化も可能なんですけど、
やっぱり1サイトは自分の手で作ったほうがよいですからね^^

でも、そのあたりが
参入障壁=実践すれば稼げる理由にもつながるので
やっぱりやれば稼げるのには間違い無いですね^^

あ、あと私からの特典の1つに
先着20名様のサポート権利をつけてたんですが、
埋まってしまいました^^;

上が証拠画像で、
下がそのサポートを行うSNSの画像です。

この画像で注目していただきたいのは2点。

1つ目は成約率なんですが、
レッドターンブルーの平均成約率より圧倒的に高いのは
「同質の特典が他にはないから」という理由があります。

それだけ多くの方に
今回の特典の魅力をご理解いただいてる
ということですね。

その理由は
モニターで実践したからこそできるサポート、

そしてモニターで紹介している人が少ない=
ライバルが少ないというのもあります。

何故かモニターさんがあまり紹介していないのか
理由はわかりませんが、

・レッドターンブルーのノウハウを
 人知れず実践して稼ぎつづけているため
 サポートする手間を考えると
 紹介するのが億劫になっている

・モニター実践により継続的収益を上げているので
 ライバルを増やしたくない

この2点のいづれかだと思います。

2つ目はサポートSNSの画像に記載してある
お約束について。

この画像を見ていただければ分かると思うんですが、
他のSNSよりは厳しめの基準を設けているので
常に質の高い情報を共有できます。

これは複数のSNSを運営してきた経験上、
SNSは集団心理の影響が大きいので
本気の集団に入れば
本気になれる傾向が高いという結果から
このような形にしています^^

で、このSNSサポート権利は
このメルマガを作成している時点で
21名様になってしまったので、
本日4月14日24時までとさせて頂きますね。
※後日お振込みでもOKです。

というわけで私からの特典は、

■15人のモニターの中で2番目に成果を上げた「びーはちのサポート権利」
 ※ご相談頂ければ私の経験を基に全てお話しします。
 ※本気でサポートしますので「4月14日24時まで」とさせて頂きます。

■無料ツールではどうしても解決できなかった「独自携帯サイト量産ツール」

■ライバルサイトと差別化する方法

■作業を超効率化させるための具体的外注方法レポート
 ※募集媒体、募集文面、応募人数、外注さんに渡すマニュアルまで丸裸に・・・
 ※あなたのレッドターンブルー紹介の特典に出来ます(4月15日24時まで)

となります。

あ、あとレッドターンブルーのご購入者様の中に
「中身を確認したら、ホンモノだったので私も紹介したいです!」
という方がいらっしゃったので、

上記の■作業を超効率化させるための具体的外注方法レポートは
【あなたがレッドターンブルーをアフィリエイトする際の特典として利用頂ける権利】
も付けます^^

※差別化して頂くために
 こちらの特典は明日の24時までとさせて頂きます。

これでレッドターンブルーのノウハウでも稼げるし
本当に良いノウハウだと感じられたら
レッドターンブルーを紹介しても稼ぐことが可能になります。

※既にレッドターンブルーを購入したけれど特典として欲しいという方は
 個別対応させて頂きますのでご連絡ください。

ぜひ稼ぐ仕組みを創りあげて下さい^^

レッドターンブルーのご購入はこちら
※決済ページにて「■びーはちからの豪華特典を差し上げます!」の
 記載があることをご確認の上ご購入下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:99.イチオシ教材レビュー レッドターンブルー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ