有料商品vs無料オファーアフィリエイト

クリック単価という言葉はアドセンスなどの
PPC広告でよく使われます。

(ちなみにアドセンスとは、googleで検索したときに
 検索結果の右側に表示される広告のことです。)

アドセンスでいうクリック単価は
「1クリックされる毎に広告主が支払う金額」という意味ですが、
アフィリエイトサイトでのクリック単価の意味はちょっと違います。

アフィリエイトサイトでのクリック単価の意味は、
「1クリック当たりいくらの価値があるのか?」ということです。

う~ん、ちょっとわかりづらいですね・・・

例を出して考えてみましょう。

例えば、1クリックでアフィリエイト報酬額1,000円の商品が1つ売れたとします。
成約率でいえば、100%ですね。

この場合、クリック単価は1,000円 x 100% = 1,000円です。

でも実際に有料の商品をアフィリエイトした際に
1クリックで1つ売れることはまずありません。

商品によってもライティングによっても媒体によっても異なるのですが、
サイトアフィリエイトにおいては
50~200クリックで1商品売れるというのが標準的な数値です。

つまり成約率0.5~2%ということです。
※200クリックに1個売れたら0.5%、
 50クリックに1個売れたら2%ということですね。

——————————————————————
■有料商品のクリック単価
——————————————————————

では、上記の標準的な数値を参考にして考えてみましょう。

有料商品をアフィリエイトした時に
50クリックでアフィリエイト報酬額1,000円の商品が1つ売れたとします。
※50クリックで商品が1つ売れるサイトは、かなり質が高いといえます。

これだと成約率が2%となり、
クリック単価は1,000円 x 2% = 【20円】です。

——————————————————————
■無料オファーのクリック単価
——————————————————————

対して、無料オファーの場合はどうでしょう?

例として、私が実際に無料プレゼントした
【7Days】月収50万円サイトアフィリエイター育成プログラム(以下【7Days】)で
考えてみましょう。

このプログラムをご紹介者いただいた方には
1登録あたり300円(私のメルマガ読者様限定)の報酬をお支払いました。

そして【7Days】は登録率が60%、
つまり2クリックでお一人以上の方にご登録いただいた形になります。

ですから、【7Days】をご紹介いただいた方の平均クリック単価は
300円 x 60% = 【180円】です。

——————————————————————
■有料商品vs無料オファーアフィリエイト
——————————————————————

今回の比較の結論として、

有料商品のクリック単価=【20円】
無料オファーのクリック単価=【180円】

となりました。

つまり、上記の例で考えると

有料商品のアフィリエイトリンクを100回クリックしてもらうと、
クリック単価20円 x 100回 = 2,000円の報酬。

無料オファーのアフィリエイトリンクを100回クリックしてもらうと、
クリック単価180円 x 100回 = 18,000円の報酬。

どちらが稼ぎやすいのかは一目瞭然ですね^^

このようにはじめのうちは
意外と無料オファーのほうが稼ぎやすかったりするので、

(1)無料オファーをアフィリエイトして稼ぐ

(2)プログラム選定力、キーワード選定力、ライティング力、媒体力を強化し成約率をアップさせる

(3)有料商品をアフィリエイトして収益を拡大する

という流れでアフィリエイトに取り組まれることもおススメです^^

今熱い無料オファーはこちらでアフィリエイトできます!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:09.稼ぐ為の情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ