画像と文字どっちが大事?

アフィリエイトとは

画像や文字で人の心を動かし、紹介する商品を購入してもらうこと。

といっても過言ではありません。

 

では画像と文字どちらが人の心を動かしやすいのか。

 

実はどちらも欠かすことは出来ません。

 

というのも、画像と文字の役割はそれぞれ違うのです。

 

それぞれの役割をおおざっぱに説明すると、

画像は第一印象でサイトを読ませるためのもの

文字はアフィリエイトリンクへ誘導するもの

となります。

 

こちらのAISCEASの法則において、
画像と文字はそれそれ以下のように当てはまることが多いです。

1. Attention(注目) 画像
2. Interest(関心) キャッチコピー
3. Search(検索) 検索エンジン
4. Comparison(比較) 文字
5. Examination(検討) 文字
6. Action(購入) 画像
7. Share(共有) 文字

 

ですから、情報商材のセールスレターでは
インパクトのある画像はサイトにアクセスした時に最初に目線が行く上部に配置され、
サイトの第一印象を与えます。

 

そしてその下にキャッチコピーを配置し、
さらに下の文章を読んでもらえるようにします。

 

その文章を読んでもらい、
商材の価値を知ってもらい購入してもらうという流れになっています。

 

 

また、メルマガでは画像を入れることが出来ないので
文字だけで情報を伝える必要があります。

 

その分、メルマガを読んでいる人にもしっかりと内容を理解してもらえるように
分かりやすく噛み砕いて物事を伝える必要があります。

 

 

これらの事を頭に入れて、
セールスレターやメルマガ等を見るとかなり勉強になりますので
常に意識してチェックしてみると良いでしょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:04.ライティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ