購入してもらえるライティングとは?

もうすっかり夏ですね!
これから梅雨だと思うとちょっとテンションが下がってしまいます(笑)

 

さて、今日はライティングについてお話させていただきます。

 

アフィリエイト初心者の方はライティングを軽視しがちなのですが、
実はライティングはアフィリエイトで一番重要な部分なのです。

 

というのも、サイトにアクセスしたターゲットが
アフィリエイトリンクをクリックするかどうかは
ライティングにかかっているからです。

 

例えば、あなたの作ったサイトやブログに
1000人の人がアクセスしてきた場合、
10人しかアフィリエイトリンクまで誘導できないのか
100人をアフィリエイトリンクに誘導できるのかは
あなたのライティング力に関わってくるのです。

 

アフィリエイト月収が5万円を超えるアフィリエイターのほとんどは
計算してライティングを行っています。
ではどのようなライティング構成なのでしょうか。

 

ライティングの基本はターゲット目線になって考えることです。
もう少し詳しく説明するとターゲットの心理フローの流れに沿って
ライティングしていく
必要があります。

 

ということで、ターゲットの心理フローの流れを考えてみましょう。

 

あなたはAIDMA、AISAS、AISCEASなどは聞いたことがあるでしょうか?
コレこそがターゲットの心理フローの代表的なモデルです。

 

AIDMAの法則では、ターゲットが商品に興味をもってから
購入にするまでの心理の流れは以下のようになるといわれています。

1. Attention(注意)
2. Interest(関心)
3. Desire(欲求)
4. Memory(記憶)
5. Action(行動)

 

AISASの法則では、以下のようになります。

1. Attention(注意)
2. Interest(関心)
3. Search(検索)
4. Action(購入)
5. Share(情報共有)

 

AISCEASの法則では、以下のようになります。

1. Attention(注目)
2. Interest(関心)
3. Search(検索)
4. Comparison(比較)
5. Examination(検討)
6. Action(購入)
7. Share(共有)

 

インターネットが普及した今では
AISCEASの法則が当てはまるといわれていますが
サイトアフィリエイトのライティングに必要なのは
1. Attention(注目)~6. Action(購入)までです。

 

つまり、
サイトにアクセスしてもらってから

1. 注目してもらい
2. 自分の記事に関心を持ってもらい
3. 紹介する商品に興味をもってもらい
4. 色々な競合製品と比較をしてもらい
5. 今買うべきかどうかを判断してもらい
6. アフィリエイトリンクにアクセスしてもらう

という行動をとってもらえるようなライティングを行えばよいのです。

 

ライティングはかなり奥が深いので
しっかりと勉強されることをオススメします。

 

私がライティングスキルを身につけた教材は
「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」です。

この商材発売されたのはかなり前なのですが、
ライティングに関してはコレ一つあれば十分だといえるくらい勉強になります。
また、音声もあるので移動中なども繰り返し聞きながら勉強できるのも
おススメポイントですね。

 

そして基礎を勉強しながら
TOPアフィリエイターのブログやメルマガなどを読むと
とてもライティング力が身につきます!

最終的にはサイトやブログ、メルマガなどで実践することが何より大切ですよ!

 

和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科
↑びーはちご購入特典付リンクです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年6月13日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:04.ライティング

トラックバック&コメント

トラックバック

  1. […] こちらのAISCEASの法則において、 画像と文字はそれそれ以下のように当てはまることが多いです。 […]

コメント


このページの先頭へ