5. SEOキーワードを決める

「アフィリエイトが成功するかしないかの半分はキーワードで決まる」

 

私の周りのアフィリエイトで成功している人達がよく言っている言葉です。
私もそのとおりだと思います。

 

成果を上げているアフィリエイトサイトは必ず上位表示させるキーワードを狙って
サイトが作られています。

 

キーワード選定をしっかりと行う理由は以下のようになります。

 

・狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示されなければアクセスが稼げないから
・購買意欲のあるキーワード(ユーザー)でなければアクセスがきても売れないから
・キーワードでターゲット属性を絞らないとサイトの内容・方向性を決められないから

 

理解していただけましたでしょうか?
最初は難しく感じられるかもしれませんが、アフィリエイトを経験していくうちに
必ず必要なことだと気づくはずです。
私もその一人ですが^^

 

では実際にキーワードはどのように決めるのでしょうか?

 

普通のビジネスでも、まずはターゲットを決めないと戦略をたてられないですよね。
ターゲット設定からキーワード選定までの簡単な流れは以下のようになります。

①アフィリエイトしている商品に興味をもっている人・購入意欲がある人を仮定する
(ターゲット設定)

②そのような人はどんなキーワードで検索するか仮定する

③その中でもライバルが少なくアクセスを集められそう(検索で上位表示できそう)な
キーワードを見つける(キーワード選定)

 

では一つ一つの行程を具体的に見てみましょう。

 

①アフィリエイトしている商品に興味をもっている人・購入意欲がある人を仮定する
(ターゲット設定)

例えば、あなたがアフィリエイトしようと思っている商品名を「A」と仮定します。
ではこの商品「A」はだれが欲しいと思うのでしょうか?

 

それはずばり ある悩みを持っていて、その悩みが商品「A」を使うことによって解決できる人です。

 

例えば、育毛剤なら「髪の毛が薄くなってきたと感じている人」
結婚相談所なら「結婚したいと思っている人」
FX(外国為替証拠金取引)口座開設なら「もっと生活を裕福にしたいと思っている人」です。

 

ここで重要なことは悩みの深さが深いほど商品に興味を持ってもらいやすく、
購入してもらえる確率がアップする
ということです。

 

育毛剤を例に考えてみましょう。
育毛剤を購入する可能性のある人は以下のような心理状態にある人です。

A 「髪の毛が薄い家系で将来的に心配だ」
B 「最近抜け毛が増えてきたような気がする」
C 「髪の毛が薄くなってきた・生え際が後退してきたような気がする」
D 「明らかに髪の毛が減ってきているので進行を防ぎたい」

では上のA~Dの中で一番育毛剤を購入する可能性の高い人はだれでしょうか?

 

もちろん、Dの人ですね。
④の人には育毛剤の効果をしっかりと教えて、
商品価格以上の価値のあるものだと理解してもらえれば購入してもらえるでしょう。

 

ではAの人はどうでしょう。
Aの人には育毛剤の効果だけでなく、
育毛剤は髪が薄くなる前から使い始めることが大切で、
今の自分の状況を再確認してもらい、今こそ育毛剤を使い始めるタイミングだということを
理解してもらったうえで、育毛剤の効果を理解してもらう必要があります。

 

このように考えると
悩みがより深く、すぐにでも悩みを解決したいと思っている人を
ターゲットに設定することが大切
だと言えます。

 

これらの事を踏まえて、ターゲットの設定をしっかりと行うようにしましょう。

 

②そのような人はどんなキーワードで検索するか仮定する

ターゲットの設定が出来たら次に、
その人がどんなキーワードで検索するのかを仮定する必要があります。

 

実はこの部分が一番重要でかつ、難しい部分になります。
ここはある程度の経験が必要になってくる部分です。

 

あなたが実際にターゲット設定した人と同じ状況にあるとしたら
どのようなキーワードで検索するのかを考えてみましょう。

 

基本的には単一キーワードではなく、2語以上の複合キーワードを狙いましょう。
例えば、「育毛剤」だけではなく「育毛剤 比較」「育毛剤 口コミ」などです。

 

理由は2つあります。
単一キーワードよりは競合が絞られるので検索エンジンで上位表示しやすい事と
先ほどお話したターゲットを絞り込む事を目的とするためです。

 

③その中でもライバルが少なくアクセスを集められそうなキーワードを見つける (キーワード選定)

キーワードがある程度思い浮かんだら次は絞り込んでいく必要があります。
この行程ではあなたが仮定したキーワードは、

a 本当に検索されているキーワードか?
b そのキーワードで上位表示させることができるのか?

を調査します。このa、bがクリアできればそのキーワードでサイトを作っていきましょう。

 

では、具体的にどのように調査するのかを説明いたします。

 

a 本当に検索されているキーワードか?

これはFerret+というサイトの「トレンドキーワード検索」というサービスで調査します。
このサービスはキーワード検索をかけるとその関連キーワードで
月間に何回検索されたかを知ることが出来ます。
(Ferret+に無料登録することで利用か可能になりますので、まずは登録しましょう。)

私の経験上、月間検索回数が3,000回以上のキーワードならOKです。
あまりにも検索回数が多いと競合サイトが多く、上位表示が難しい場合もありますので
そのような場合には次のbでさらに絞込みを行いましょう。

 

b そのキーワードで上位表示させることができるのか?

これは検索で上位表示を狙っているキーワードで
すでに上位表示されている競合サイトのSEO的強さを調べて
あなたのサイトでも上位表示を狙えるか確認を行います。

競合サイトのSEO的強さの要因は、
内部要因、外部要因など色々とありますが
ここでは立ち上げたばかりのサイトでは対策しづらい
外部要因の被リンク数をチェックします。

 

手順としては

・Yahooの検索エンジンであなたが上位表示を狙っているキーワードで検索する
・上位表示されたサイトのURLをテキストファイルなどにコピーしておく
・Yahooの検索エンジンで「link:コピーしたURL(http://含む)」で検索する
・表示件数がコピーしたURLの被リンク数

となります。

上位表示されたサイトについてこの被リンク数が1万件以上ある場合
このサイトより上位表示させることは難しいと考えたほうがよいでしょう。
逆に被リンク数が数百件程度のサイトなら
そのキーワードで上位表示を十分に狙えます。

 

他にもFirefoxのプラグインであるSEOQuakeなどでも
ライバルサイトの調査は行うことが出来ます。

 

SEOキーワードの選定方法は基礎から応用まで
お宝キーワード発掘法パーフェクトマスタープランという商材で学ぶことができます。

 

稼げるキーワードというのはどんどん変化していきますので、
いつでも自分で調査できる能力を身につけておくのはとても重要です。

 

私のこの商材でキーワード選定について学びましたが、
「なんとなく理解しているつもりで実践する」ことと「しっかりと理解して実践する」ことの
効率の違いを身をもって感じました。

そういった意味でこの商材はとてもおススメです。

←4. どの商品をメインに扱うか決める 6. ドメインを取得する・サーバーを借りる→

このページの先頭へ