4. どの商品をメインに扱うか決める

ASPの登録が終わったらいよいよプログラム提携です。

まずは、登録した全てのASPで自分で決めたジャンルについて
どのような商品・サービスがあるのか検索し、「プログラム管理表」としてエクセルファイルにまとめます。

 

まとめる項目としては、
プログラム名、ASP名、報酬額、誘導URL、提携状況などでよいでしょう。
使っているうちに人それぞれ必要な項目が増えてくるかと思いますので
増やしていくとよいと思います。

 

少し面倒な部分ですが、プログラムを決める上でとても重要になりますので
必ずもれなく作業するようにしましょう。

 

管理表

 

全てのプログラムをまとめ終わったら、この中からメインで扱う商品を決めます。

メインで扱う商品とはランキングサイトなどでいう1位にする商品です。

例えば、1位~10位まで商品を載せたランキングサイトを作ると
1位と2位の商品は反応率が高い(購入されたり申し込みされたりしやすい)のですが
3位以下の商品に対してはほとんど反応が見込めません。

(3位以下の商品の反応率を上げる方法もありますが、
時間がかかり効率的ではありません。)

 

そういった意味でメインで扱う商品以外はあまり収益を上げられません。
ですからメインで扱う商品選びを誤ってしまうとアフィリエイト報酬もほとんどあげることができないといえるでしょう。

 

では、どうやってメイン商品を決めればよいのかお話いたします。

まず、自分が決めたジャンルについて検索して他の人が作ったランキングサイトを参考にしてみてください。
検索して上位に来るサイトはアフィリエイトサイトが多いですし、
検索エンジンにも評価されているので質の高いサイトが多いです。
そのようなサイトの多くで1位になっている商品は
ジャンルごとにほぼ決まっている
はずです。

 

検索して上位表示されたランキングサイトの情報を
以下の様にエクセルファイルにまとめます。

世間の評価が高い商品は品質やサービスに優れているといえますので
この平均順位が高い商品をメイン商品として扱うとよいでしょう。
 

また、このとき念のために先ほど作った
「プログラム管理表」の報酬額や誘導URLの内容を確認して
報酬額が低すぎないか、誘導URLの内容がきちんとしているか確認しましょう。
ランキングサイトの上位に来ているようなプログラムであれば
この点もほぼ問題ないと思いますが、
今後の方向性を決める部分になりますので私は一応チェックするように心がけています。

 

←3. ASPに登録する 5. SEOキーワードを決める→

このページの先頭へ